ダリングってなに?【初心者向け】スノーボードを購入したら必ずやること

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ヒロしば

アウトドアサイト(camp hackやキャンプクエストなど)の契約ウェブライターをしている【ヒロしば】です。

そんなアウトドアに詳しいと自負している僕が運営する【THE DAY-STYLE】では、アウトドアに関するお役立ち情報やアウトドアの楽しさを伝えていきます。

アウトドアの楽しみ方を知り毎日を最高の1日【THE DAY】にしましょう!

良い!と思ったら ヒロしばをフォロー
ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

初めてスノーボードを購入したら、「早く滑りに行きたい!!」とワクワクしちゃいますよね。

ヒロしば
ヒロしば

でもちょっと待って下さい!

エッジのダリング】は済ませましたか?

チビしば
チビしば

え?

(だりんぐ)ってなに?

今回はマイボードを購入したら必ずやって欲しい【ダリング】について、意味やなぜ必要なのか、やり方まで全て説明します。

足早にゲレンデに向かう前に是非一度、読んでみて下さい。

スポンサーリンク

ダリングってなに?スノーボードを購入したら必ずやること

スノーボード板

スノーボード板の周りをグルっと覆っている鉄の部分を【エッジ】と言います。

このエッジは包丁などの刃物のように鋭利になっていることで雪面を削り雪に壁を作ってブレーキをかけたり、ターンをしたりしています。

エッジの雪面に接しない部分を削り丸めて、余計な引っかかりを無くす作業を【ダリング】と言います。

ダリングってなに?|ダリングの必要性

ダリングはスノーボードを安全に滑る上で、絶対に必要な作業です。

しない事によって、思わぬ怪我や事故を招く原因になるので必ず行いましょう。

操作性の向上

スノーボードは自然環境を相手にし、かつバランスのスポーツですので、本来雪面に触れない部分であっても、雪面の凹凸やバランスを崩した時、不意に引っかかってしまう事が多々あります。

不要な部分のエッジをあらかじめダリングしておく事で、不測の事態でもリカバリーがしやすく操作性の向上に繋がります。

安全性の向上

エッジは包丁のような刃物であるとお伝えした通り、時には自分や他者を傷つける凶器にもなります。

・板を素手で掴んで手を切ってしまった。
・転倒し体にエッジが触れて怪我をしてしまう。
・板を坂下に流してしまい、他人にぶつかり怪我をさせてしまった。
このような事例は各地のスキー場で毎日起こっています。
場合によっては障害が残る大きな怪我や死亡事故も少なくありません。
不要なエッジをダリングすることで、凄惨な事故を未然に防いだり、被害を最小限に抑えることが出来るので、スキー場を滑る最低限のマナーとして【ダリング】は必ず行うようにしましょう。
ヒロしば
ヒロしば

スノーボードは凶器と言うことを一人一人が、しっかりと理解し安全、安心に楽しむ為にも、最低限【ダリング】を行ってから滑りに行って下さい。

チビしば
チビしば

楽しいことには、危険もつきものってことだね!

楽しい思い出を作るためにも、しっかりとした知識をつけて人には迷惑をかけないようにしないとね!

ダリングってなに?|ダリングのやり方

必要な道具

・セロテープ、ビニールテープ、マスキングテープなどの剥がしやすいテープ
・鉄やすり
・キッチンペーパー
・切傷防止手袋or軍手など
テープは雪面に触れる部分有効エッジ)と雪面に触れないダリングする部分の境目を調べる時の目印に使用します。
ですので出来れば、セロテープよりも色付きのビニールテープなどの方が、見易くてやり易いです。
鉄やすりはエッジを丸めるだけなので、なんでも大丈夫です。
粗目で大きい物の方が楽に削れるのでオススメですね!
100均にも売ってると思うので、鉄やすりを持ってない方はチェックしてみてください。
キッチンペーパーは、削った時に出る鉄粉を拭き取る時に使用します。
軍手は必ず用意して下さい。
作業をする際に手がエッジ部分に触れる事があるので、素手で作業すると怪我をしてしまう恐れがあります。

有効エッジの確認

スノーボードの板を床に対して垂直に立てます。

板を股に挟むとやり易いですね。

テープを用意して板の先端から、板が床に触れている部分までスライドして、止まる位置(床と板が接している部分)に来たらテープを貼ります。

スノーボード有効エッジ確認

テープを貼った位置の隣の有効エッジ部分にもう一枚テープを貼り、最初に貼った方を剥がします。

スノーボード有効エッジ

スノーボード有効エッジの境目

同じ要領で前後、左右の残り3か所にもテープを貼っていきます。

ダリング位置の確認

上の画像で赤線を引いた部分より外側が、雪面に接しない不要なエッジ部分ですので、そこをダリングします。

ヒロしば
ヒロしば

今後、上達して来たり滑りのスタイルなどによって、有効エッジの一部をあえてダリングしたりする機会もあるかもしれないので、この調べ方は覚えておいて損はないです。

ちなみに僕は有効エッジを8㎝程度ダリングした板で滑っています。

その辺の詳しい話は、また違う機会でさせてもらいますね!

ダリングの方法

ダリングの方法はとっても簡単です!

先程貼ったテープから先端部分の間を鉄やすりで丸めていくだけの作業です。

エッジは凶器です。
作業中、不意に手を切ってしまう可能性がありますので、切傷防止用の手袋や軍手などを装着して作業するようにして頂くようお願いします。
怪我防止対策
そんなにコツとかも無いんですが、エッジに対して斜めにやすりをかけると簡単に丸める事が出来ますよ。
使用しない部分なのでゴリゴリと大胆にかけちゃって大丈夫です。
ダリングの方法
ある程度全体にかけ終わったらキッチンペーパーで鉄粉を拭き取って、テープを剥がし作業は完了です。

まとめ

今回はダリングの必要性と方法について紹介しました。

マイボードを購入したら【ダリング】だけは必ず行うようにして下さいね。
自分や周りの人の安全を守るための最低限のマナーです。
チビしば
チビしば

最低限ってことは、スノーボードの板を買ったら他にやった方が良い事ってあるの?

ヒロしば
ヒロしば

そうだね!

出来れば初期メンテナンスとして、板を傷や汚れから守る為に【ホットワックス】をかければ、準備は完璧だよ!

せっかく買ったマイボードだから大切に使いたいって人は是非下の記事もチェックしてみて下さいね。

チビしば
チビしば

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました