スノーボードケースのおすすめは? ニット素材が最強!!

この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク
ヒロしば

三度の飯よりアウトドア遊びが大好きなフリーライターです。

主にキャンプ、登山、スノーボードに関するお役立ち情報を発信。

アウトドアの楽しみ方を知り毎日を最高の1日【THE DAY】にしましょう!

~所持資格~
・【スノーボード】JSBA2級
・【pippin】公認アンバサダープロ

Twitterのフォローもよろしくお願いします。

スノーボードを保管、持ち運びするのに必須なスノーボードケース。

色々な種類があり、どれにしたら良いのか迷ってしまいますね。

僕も今まで色々なタイプのスノーボードケースを使って来ましたが、今ではニット素材のケース一択です。

何故ニット素材をおすすめするのか、その理由を紹介します。

スポンサーリンク

スノーボードケースにニット素材をおすすめする理由

ニットケース

結論から言うとニット素材は、スノーボードを維持管理するのに最適でオフトレにも活用出来て、しかも丈夫。

ヒロしば
ヒロしば

良い事ずくめなんですよね。

それぞれのメリットを具体的に確認して行きましょう。

ニットケースはスノーボードの維持管理が楽

スノーボード管理で面倒なのが、エッジに付くサビ。

エッジサビ

滑り終わった後に、しっかり水分を拭き取らないでケースに入れて放置していたらエッジがサビだらけに…

1度はそんな経験をした事があるのでは無いでしょうか。

エッジは鉄で出来ているので、水分が残ったままにしておくと、すぐにサビてしまうんですよね。

でもゲレンデで完璧に水分を拭き取るのは難しいですし、かと言って家に帰って来てケースから出して乾燥させるのも面倒臭い。

ヒロしば
ヒロしば

でもニット素材なら、そのまま放置でも錆びにくいので楽なんです。

ニット素材は、他のスノーボードケースと違い、板に残っている水分を吸収してくれます。

ニット素材

ですのでゲレンデである程度、雪を払っておけば残りの水分はニットが吸い取ってくれて、そのまま放置してもサビにくい。

他の素材のケースも多少は水分を吸いますが、ニット素材ほど吸水力の高い物はありません。

家でのオフトレにも使えて床を傷付けない

ニットケース

ニットケースはこのように、スノーボードのデッキ面が露出しているタイプ(ソールカバー)が主流なので、ケースに入れたまま板を履くと家でちょっと練習したい時に床を傷付けないで練習が出来ます。

違う素材で同じ形状のスノーボードケースもありますが、ニットの方が厚手なので安心感があります。

自宅でちょっと練習したい方は、ソールカバータイプのニットケースが良いですね。

Yahooショッピング

出典:Yahooショッピング

ヒロしば
ヒロしば

こんな感じの巾着タイプもあるんですが、ソールカバータイプの方が使い勝手は良いですね。

直接フローリングでやると、滑って危険なのでヨガマットなどを敷いた上で行いましょう。
https://snowboard.hatenablog.com/entry/2018/04/06/232015

ニット素材は伸縮性が良く丈夫

ウレタン系や布系のスノーボードケースは、伸縮性がほとんど無いので、板を入れる時にエッジを引っ掛けて破れてしまう事が稀にありますが、ニットなら大丈夫。

ニットは伸縮性が高いのでグイッと引っ張って装着したら、しっかりと板にフィットするので破れにくいです。

ニットケースの伸縮性

長く使うにもニットケースは最適ですね。

フルカバーケースとの併用は最強!

自家用車以外の交通手段の場合(電車やバスなど)背負えるタイプのフルカバーケースの方が良い、と言う方もいますよね。

その場合はニットケースを付けた板の上からフルカバーケースに入れるのがベストです。

フルカバーケース+ニットケース

フルカバーケースのデメリット

大きめのフルカバーケースはブーツなども一緒に入れれて、移動の際には非常に便利なのですが、中で湿気が溜まりやすくサビの原因になってしまう事があります。

フルカバー内側

内側がこのような素材で、外からの防水には優れていますが、逆に中は湿気が溜まりやすい状態。

ブーツも一緒に入れるなら臭いの原因になる事も…

フルカバーケースは、スノーボードを運ぶ時には向いていますが、保管には不向きと言えますね。

因みにニット素材のフルカバーケースは、背負えるタイプが無く、ブーツ等を一緒に入れれる程大きくも無いので、移動の利便性を考えるとあまりメリットが無いです。

ヒロしば
ヒロしば

フルカバーケースで長時間保管するのは、スノーボード用品にとってあまり良い環境とは言えないと思います。

ニットケースと併用する事でデメリットを解消

持ち運びに便利なフルカバーケースのデメリットを解消する方法は、ニットケースに入れてからフルカバーケースに入れるのが良いでしょう。

フルカバーケース+ニットケース

移動にはニット+フルカバーのダブル収納、帰宅したらフルカバーケースから出し、ニットケースで保管。

これなら交通機関を利用するユーザーにもニットケースのメリットを実感して頂けると思います。

フルカバーケースは密閉されていて、どうしても中が蒸れやすいので帰宅したら必ず取り出し、高温多湿を避けて保管しましょう。
ある程度乾燥した場所に保管する事で、ニットの水分も蒸発するので、わざわざニットケースから取り出して水分を拭き取る必要がありません。
ヒロしば
ヒロしば

冬場は室内が乾燥するので、暖房から離れた室内に置いておけば問題無いと思います。

ニットケースは保管に最適、維持管理を楽にする

ニットケース

スノーボードで疲れきってから、帰宅して水分を拭き取る作業は正直面倒臭い。

でもせっかく買ったマイボードだから大切にしたい。

ヒロしば
ヒロしば

そんな方は騙されたと思って今すぐニットケースをゲットして下さい笑

デザインは各メーカーから色々な物が出ているので、お好きなデザインを選ぶと良いと思います。

性能などは大差無いのでデザイン重視でOK。

スノーボードの維持管理が楽になれば、今まで以上にスノーボードトリップを全力で楽しむ事が出来ますよ。

スノーボードのオフシーズンに関する保管方法は、コチラを参考にしてください。

スノーボードの保管方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました